化学者 鈴木健太郎のページ 連絡先
Profile
1974生まれ 愛媛県 松山市 出身 [博士(理学)]
Works
2013-Present 非常勤講師 神奈川大学 理学部
2013-Present 客員研究員 神奈川大学 理学部 総合理学研究所
2012-Present 外部資金雇用研究者 神奈川大学 理学部 化学科
2010-2016 連携研究員 東京大学大学院 総合文化研究科 複雑系生命システム研究センター
2010-2012 会社員 株式会社 マリア書房
2008-2010 助教 東京大学大学院 総合文化研究科
2005-2008 非常勤講師(兼任) 横浜市立大学大学院 国際総合科学研究科
2003-2007 博士研究員 東京大学大学院 総合文化研究科
2003 客員研究員 CNRS IPCMS (Strasbroug, France)
2002-2003 博士研究員 岡崎国立共同研究機構 分子科学研究所
Educations
1998-2002 総合研究大学院大学 数物科学研究科 構造分子科学専攻
1996-1998 愛媛大学大学院 理工学研究科 物質理学専攻
1992-1996 愛媛大学 理学部 化学科
1989-1992 愛媛県立松山南高等学校 普通科


分子集合体のサイエンス

様々な物質の性質は、それを構成する分子によって決まっています。けれども、その分子の性質をどんなに詳しく調べても、物質全体の性質が理解できるとは限りません。たとえば、磁石を考えてみましょう。磁石を分割し、それを構成する最小限のユニットである原子や分子を取り出して、その性質を調べてみると、元の磁石にあった鉄を引き寄せたりする性質はなくなり、ただ外から加えられた磁場によって右往左往する性質しか持ちません。物質が磁石の性質を持つには、ユニットが磁石となり得る可能性を持つと同時に、特定のルールで集合化する必要があります。
このことからも明らかなように、我々が普段目にする物質の性質を理解するためには、分子単独の性質を知るだけでなく、それら集合したときに、分子同士がどの様なやりとり(相互作用)をしているのかを考えることが大切です。高度な機能を持たない比較的単純な分子ユニットであったとしても、目的に合わせた方針でそれらを集合化すれば、大きな機能を持った物質へと昇華されることさえ起こります。それを最も効果的に使っているのが生命です。生命を構成する分子は、突き詰めれば命の息吹を持たない単なる「モノ」ですが、それらが多く集まり、互いに協力がはじまると、あるところで生命らしさが出現します。
集合体として振る舞う分子を前面に出した物質感は、様々な機能性物質から、生命現象まで、分子に基づく幅広い世界の理解に繋がると信じています。



生命誕生の謎に迫る柔らかい分子集合体の研究

両親媒性分子が自己集合して形成する、マイクロメートルサイズの大きさを持った袋状分子集合体ジャイアントベシクルは、内部に外界から切り離された空間を有するため、細胞を構成するのに必須の要件である「境界」としての性質を持つ。これに、自分自身の特徴を記述するのに必要な「情報」や、代謝や継代に必要な「触媒」の機能を持たせることができれば、人工物質でありながら、最低限細胞と同じ機能を持った、「人工細胞」が構築できると期待される。

(主な論文)

(主な総説)



分子の外場応答がもたらすマクロな性状変化

様々な外的刺激により、分子は様々な応答を示す。しかし、一般にそれは小さく、特殊な分析装置を用いなければ観測することができない。ところが、分子にベシクルや、結晶のような分子集合体を形成させると、分子レベルのダイナミクスが構造体内部で協奏し、集合体全体のマクロな変化として観測することができる。より工夫した分子集合体のシステムを設計することで、予想以上に多彩な外場応答が実現される。

(主な論文)

(主な総説)



外場によって変化するスピン分子結晶の性質

安定有機ラジカルや遷移金属錯体はスピンを有するため、その結晶は分子性物質でありながら様々な磁性を示す。これらのマクロな性質は、結晶内部でのスピンの配列と、それらの間の相互作用によって決まる。結晶に対し、圧力を加えたり、不純物を加えることで、分子そのものの形状は変えることなく、マクロな性質が変化する。また最近は、磁性と導電性を兼ね備えた分子―スピン分極ドナー―を用い、磁場と電場に応答する新しい分子システムの構築を目指した研究も行っている。

(主な論文)

(主な総説)


[全業績]セイメイマクロスピン

    ■■学術論文・総説■■


    [2016]
  1. ディビジョン・トピック(有機結晶):光に向って自ら駆動する油滴
    鈴木健太郎
    化学と工業 69, 1054 (2016)
  2. 走光性を示す自己駆動油滴
    鈴木健太郎, 菅原正
    豊田研究報告 69, 87-71 (2016)
  3. Phototaxis of Oil Droplets Comprising a Caged Fatty Acid Tightly Linked to Internal Convection
    Kentaro Suzuki, Tadashi Sugawara
    ChemPhysChem 17, 2300-2303 (2016)
    [Google Scholar]

  4. [2015]
  5. A Recursive Vesicle-based Model Protocell with a Primitive Model Cell Cycle
    Kensuke Kurihara, Yusaku Okura, Muneyuki Matsuo, Taro Toyota, Kentaro Suzuki, Tadashi Sugawara
    Nature Commun. 6, 8352 (2015).
    [Google Scholar]
  6. ワイヤー分子で連結された金ナノ粒子ネットワークの電子輸送
    菅原正, 松下未知雄, 鈴木健太郎
    豊田研究報告 68, 85-99 (2015)
    [Google Scholar]

  7. [2014]
  8. Magnetic Manipulation of Nucleic Acid Base Microcrystals for DNA Sensing
    Yuri Mizukawa, Kentaro Suzuki, Shigefumi Yamamura, Yoko Sugawara, Tadashi Sugawara, Masakazu Iwasaka
    IEEE Trans. Magn.50, 5001904(4 Pages) (2014).
    [Google Scholar]
  9. スピン分極ドナーが拓く磁場応答型有機導電体
    菅原正, 鈴木健太郎
    CSJ カレントレビュー16 「スピン化学が拓く分子磁性の新展開: 設計から機能化まで」, Part II, 3章 (化学同人, 2014)
  10. 有機分子磁性
    菅原正, 鈴木健太郎
    CSJ カレントレビュー16 「スピン化学が拓く分子磁性の新展開: 設計から機能化まで」, Part I, 2章 (化学同人, 2014)
  11. 自らが増殖する人工細胞の化学構築
    菅原正, 鈴木健太郎
    高分子 63, 382-384 (2014)
  12. 分子システムとしてつくる人工細胞
    菅原正, 鈴木健太郎, 栗原顕輔, 豊田太郎 [Google Scholar]
    豊田研究報告 67, 63-70 (2014)
    [Google Scholar]

  13. [2013]
  14. Macroscopic Motion of Supramolecular Assemblies Actuated by Photoisomerization of Azobenzene Derivatives
    Yoshiyuki Kageyama, Naruho Tanigake, Yuta Kurokome, Sachiko Iwaki, Sadamu Takeda, Kentaro Suzuki, Tadashi Sugawara
    Chem. Commun.49, 9386-9388 (2013).
    [Google Scholar]
  15. Biaxial Alignment Control of Guanine Crystals by Diamagnetic Orientation
    Masakazu Iwasaka, Yuito Miyashita, Yuri Mizukawa, Kentaro Suzuki, Taro Toyota, Tadashi Sugawara
    Appl. Phys. Express 6, 037002(4 pages) (2013).
    [Google Scholar]
  16. Constructive Approach Towards Protocells
    Tadashi Sugawara, Kensuke Kurihara, Kentaro Suzuki
    Engineering of Chemical Complexity, World Scientific Lecture Notes in Complex Systems(Eds. A.S. Mikhailov and G. Ertl), Ch. 18, pp. 359-374(World Scientific, 2013).
    [Google Scholar]

  17. [2012]
  18. pH-Induced Switchable Vesicular Aggregation of Zwitterionic Phospholipids and Anionic Phospholipids
    Kentaro Suzuki, Kensuke Kurihara, Yusaku Okura, Taro Toyota, Tadashi Sugawara
    Chem. Lett. 41, 1084-1086 (2012).
    [Google Scholar]
  19. Adhesion and Fusion of Two Kinds of Phospholipid Hybrid Vesicles Controlled by Surface Charges of Vesicular Membranes
    Kentaro Suzuki, Ryo Aboshi, Kensuke Kurihara, Tadashi Sugawara
    Chem. Lett. 41, 789-791 (2012)
    [Google Scholar]
  20. A Programmable Single-Component Diode Based on an Ambipolar OFET
    Tadashi Sugawara, Takuro Itoh, Kentaro Suzuki, Hiroyuki Higuchi, Michio M. Matsushita
    Pure Appl. Chem. 84, 979-989 (2012)
    [Google Scholar]
  21. 人工細胞の夢ついに達成?!──生命の起源に迫る第一歩
    菅原正, 栗原顕輔, 鈴木健太郎
    化学 67(2), 43-49 (2012)

  22. [2011]
  23. Self-reproduction of Supramolecular Giant Vesicles Combined with the Amplification of Encapsulated DNA
    Kensuke Kurihara, Mieko Tamura, Koh-ichiroh Shohda, Taro Toyota, Kentaro Suzuki, Tadashi Sugawara
    Nature Chem. 3, 775-781 (2011)
    [Google Scholar]
  24. Interplay between Magnetism and Conductivity Derived from Spin-polarized Donor Radicals
    Tadashi Sugawara, Hideji Komatsu, Kentaro Suzuki
    Chem. Soc. Rev. 40, 3105-3118 (2011)
    [Google Scholar]
  25. 生体膜モデルから増殖型人工細胞へ─膜分子設計からのアプローチ
    豊田太郎, 菅原正, 鈴木健太郎, 高倉克人, 栗原賢輔
    実験医学増刊 細胞を創る・生命システムを創る(竹内昌治, 上田泰己 編)」, 第一章1, pp 26-34 (羊土社, 2011)
  26. ついにできた!磁性と導電性を併せ持つ有機物質 -分子スピンエレクトロニクスへの展開-
    菅原正, 鈴木健太郎
    現代化学 481 (2011年4月号), 49-53 (2011)
  27. Compartment Size Dependence of Performance of Polymerase Chain Reaction inside Giant Vesicle
    Koh-ichiroh Shohda, Mieko Tamura, Yoshiyuki Kageyama, Kentaro Suzuki, Akira Suyama, Tadashi Sugawara
    Soft Matter 7, 3750-3753 (2011)
    [Google Scholar]

  28. [2010]
  29. 分子システムで生命らしさの謎に迫る
    菅原正, 鈴木健太郎, 豊田太郎
    生命の起源をさぐる 宇宙からよみとく生物進化(日本宇宙生物科学会 奥野誠, 馬場 昭次, 山下雅道 編)」, 第二章2-1, pp 62-79(東京大学出版会, 2010)
  30. 分子科学の挑戦―可塑的応答・自律運動・自己生産する超分子システム
    菅原正, 鈴木健太郎
    Mol. Sci. 4, A0033 (14 Pages) (2010).
  31. Influence of Magnetic Field upon the Conductance of a Unicomponent Crystal of a Tetrathiafulvalene-Based Nitronyl Nitroxide
    Hideji Komatsu, Michio M. Matsushita, Shigefumi Yamamura, Yoko Sugawara, Kentaro Suzuki, Tadashi Sugawara
    J. Am. Chem. Soc. 132, 4528-4529 (2010)
  32. Cell-sorting of Robust Self-reproducing Giant Vesicles Tolerant to a Highly Ionic Medium
    Kensuke Kurihara, Katsuto Takakura, Kentaro Suzuki, Taro Toyota, Tadashi Sugawara
    Soft Matter 6, 1888-1891 (2010)

    [2009]
  33. Sparkling Morphological Changes and Spontaneous Movements of Self-assemblies in Water Induced by Chemical Reactions
    Kentaro Suzuki, Taro Toyota, Katsuto Takakura, Tadashi Sugawara
    Chem. Lett. 38, 1010-1015 (2009).
  34. Hysteretic Behavior of Diamagnetic Molecular Assembly: Magnetic Field-induced Deformation of Tubular Self-assemblies Composed of Amphiphilic Molecules
    Kentaro Suzuki, Takuya Tomita, Taro Toyota, Masakazu Iwasaka, Tadashi Sugawara
    Polyhedron 28, 253-256 (2009).
  35. ソフトマターがしなう、動く、生長する ―両親媒性分子集合体のダイナミックモルフォロジー
    菅原正, 鈴木健太郎, 豊田太郎
    日本物理学会誌 1月号, 2-11 (2009)

    [2008]
  36. Magnetic Properties and Pressure-induced Ferromagnetism of Cu2(OH)3(CH3COO)・H2O
    Kentaro Suzuki, Julien Haines, Pierre Rabu, Katsuya Inoue, Marc Drillon
    J. Phys. Chem. C112, 19147-19150 (2008).
  37. Association-mediated Chromism of Amphiphilic Triphenyl-6-oxoverdazyl
    Kentaro Suzuki, Michio M. Matsushita, Hiroyuki Hayashi, Noboru Koga, Tadashi Sugawara
    New J. Chem. 32, 2201-2208 (2008)
  38. Observation of Cellular Responses to Diamagnetic Forces Acting on Cell Component
    Masakazu Iwasaka, Kentaro Suzuki, Tadashi Sugawara
    Sci. Technol. Adv. Mater. 9, 24216(4 pages) (2008)

    [2007]
  39. 分子でつくる人工細胞―生命らしさに有機化学で挑む
    菅原正, 鈴木健太郎
    化学 62(11), 12-16 (2007)
  40. Magnetic Orientation of 1,3,5-Triphenyl-6-oxoverdazyl Radical Crystals
    Masao Fujiwara, M. Tamura, M. Hara, Kentaro Suzuki, Kazuo Mukai
    J. Phys Chem. B111, 9492-9495 (2007)
  41. Characteristic Curved Structure Derived from Collagen-containing Tubular Giant Vesicles under Static Magnetic Field
    Kentaro Suzuki, Taro Toyota, Katsuhiko Sato, Masakazu Iwasaka, Shoogo Ueno, Tadashi Sugawara
    Chem. Phys. Lett. 440, 286-290 (2007).
  42. 自己生産する人工細胞の形成 ―増えよ、集え、そして語り合え!―
    菅原正, 鈴木健太郎
    生命システムをどう理解するか ―細胞から脳機能・進化に迫る融合科学(浅島誠 監修)」 第一部・第一章, pp. 9-20 (共立出版, 2007)

    [2006]
  43. 生命の起源についての構成的アプローチ
    菅原正, 高倉克人, 正田耕一郎, 鈴木健太郎
    Biol. Sci. Space 20, 10-14 (2006)

    [2003]
  44. Pressure Effects on Molecular Magnets of Mn Complexes with Bisaminoxylbenzene Derivatives
    Kentaro Suzuki, Yuko Hosokoshi, Katsuya Inoue
    Mol. Cryst. Liq. Cryst. 379, 247-252 (2003)

    [2002]
  45. Pressure-induced Metamagnetic Behavior in a Quasi-one-dimensional Molecule-based Ferrimagnet
    Kentaro Suzuki, Yuko Hosokoshi, Katsuya Inoue
    Chem. Lett. 31, 316-317 (2002)

    [1999]
  46. Pressure Effect on Mn Complexes of Bisaminoxyl Radicals
    Yuko Hosokoshi, Kentaro Suzuki, Katsuya Inoue, Hiizu Iwamura
    Mol. Cryst. Liq. Cryst. 334, 511-520 (1999)
  47. Pressure Induced Enhancement of TC in Weak-ferromagnetic Radical Crystal, 1,3,5-Triphenyl-6-oxoverdazyl
    Masaki Mito, Masako Hitaka, Tatsuya Kawae, Kazuyoshi Takeda, Kentaro Suzuki, Kazuo Mukai
    Mol. Cryst. Liq. Cryst. 334, 369-378 (1999).
  48. Alloying Effects on Intermolecular Magnetic Interactions in Verdazyl Radical Alloy Crystal, (TOV)1-x(TOV-H)x, x = 0.0-0.09 (TOV: 1,3,5-Triphenyl-6-oxoverdazyl)
    Javad B. Jamali, Norio Achiwa, Kazuo Mukai, Kentaro Suzuki, Takayuki Asano, Yoshitami Ajiro, Kenji Matsuda, Hiizu Iwamura, Shuichiro Kuwajima, Yuji Soejima
    Mol. Cryst. Liq. Cryst. 334, 121-130 (1999)
  49. Magnetic Property of Verdazyl Radical Alloy, (p-CDpOV)1-x(p-BDpOV)x. Doping Effect of Magnetic Impurities on Quasi-one-dimensional Heisenberg Organic Ferromagnet (p-CDpOV) and Antiferromagnet (p-BDpOV) with S = 1/2
    Kazuo Mukai, Kentaro Suzuki, Keishi Ohara, Javad B. Jamali, Norio Achiwa
    J. Phys. Soc. Jpn. 68, 3078-3085 (1999)

    [1998]
  50. Magnetism of Some Genuine Organic Radical Crystals
    Kazuyoshi Takeda, Masaki Mito, Tatsuya Kawae, Hiroyuki Nakano, Masako Hitaka, Kentaro Suzuki, Kazuo Mukai
    J. Magn. Magn. Mater. 177-181, 817-818 (1998).
  51. Single-crystal Weak Ferromagnetism of 1,3,5-Triphenyl-6-oxoverdazyl Free Radical and Ferromagnetic Behavior of (TOV)1-x(TOV-H)x Diluted System
    Javad B. Jamali, Norio Achiwa, Kazuo Mukai, Kentaro Suzuki, Yoshitami Ajiro, Kenji Matsuda, Hiizu. Iwamura
    J. Magn. Magn. Mater. 177-181, 789-791 (1998).
  52. Magnetic Properties of 3-(4-R-Phenyl)-1,5-diphenyl-6-oxo- and -thioxoverdazyl Radical Crystals (R = OCH3, CH3, CN, and NO2)
    Kazuo Mukai, Masaaki Nuwa, Kentaro Suzuki, Shin-ichi Nagaoka, Norio Achiwa, Javad B. Jamali
    J. Phys. Chem. B102, 782-787 (1998).

    [1997]
  53. Magnetism of a Two-dimensional Weak-ferromagnetic Organic Radical Crystal, 1,3,5-Triphenyl-6-oxoverdazyl
    Masaki Mito, Hiroyuki Nakano, Tatsuya Kawae, Masako Hitaka, Seishi Takaki, Hiroyuki Deguchi, Kentaro Suzuki, Kazuo Mukai, Kazuyoshi Takeda
    J. Phys. Soc. Jpn. 66, 2147-2156 (1997).
  54. ■■編集・その他■■

  55. 伝統産業から文化ビジネスへ 「伝統産業グローバル革新塾」の5年間
    村山 祐三 (マリア書房, 2012), 編集
  56. NETSUKE (iPhone アプリ), 設計
    (マリア書房, 2011)
  57. Art File MILNDA (iPhone アプリ), 設計
    (マリア書房, 2011)
  58. JAPANESE GRAMMAR IN USE 英語で学ぶ実用日本語文法
    真仁田栄治,ジェフリー・ブラグドン (マリア書房, 2011), 編集

2014-08-08 suzukiScientia


inserted by FC2 system inserted by FC2 system

inserted by FC2 system